• Entry Date
  • 2019.11.21

わんにゃん通信No.946「ブラッシング道具」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護コース1年生は4期より、グルーミング実習Ⅰの受講をしています。

今回は授業で使う、被毛のブラッシングに使う道具についてご紹介します。

 

こちらの道具は「スリッカーブラシ」です。

 

ブラシの先がくの字型をしているのが特徴です。

これで絡んだ被毛を梳きます。

 

 

動物の負担を減らすため、力強く握らず、毛先から少しずつ梳くようにしましょう。

また、スリッカーブラシの尖った先端が被毛に触れることで、血行促進、マッサージ効果が期待できます。

 

次に、こちらは「コーム」です。

 

コームはグルーミングの仕上げに毛を整え、被毛の絡みやヨレを探すときに使います。

コームの中心を境に、粗い目と細かい目があるのが特徴です。

使いたい目と、反対側のコームの背を軽く持ち、梳きます。

 

グルーミングでは、これらの道具を使い、動物の被毛を整えます。

見た目を綺麗にするに限らず、皮膚や被毛の清潔を保ち、四肢の可動範囲を広げることを助けます。

 

動物とスキンシップをとりながら、ブラッシングをしてみてくださいね♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/11/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-946%e3%80%8c%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e9%81%93%e5%85%b7%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)