湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2015.6.23

わんにゃん通信No.466「動物寄生虫学の実習」

動物看護コースの1年生の寄生虫学ですが、今回は実習になりました。
 
行う実習は「糞便検査」です。
便の中に寄生虫や寄生虫の卵がいないかを調べます。
 
検体(便)を提供してくれたのはこの子たち。
DSC02209 DSC02203
 
寝姿はちょっと・・・な感じですが(;^_^A、可愛らしい子猫たちです。
 
↓↓クリックお願いします


 
寄生虫学担当の先生が保護した子たちです。
保護子猫は寄生虫がいる可能性が高いので、糞便検査は重要です。
スライドガラスに生理食塩水を垂らし、少量の便を溶かした後、カバーガラスをかけて顕微鏡で観察します。
 
DSC02210
作成するのに四苦八苦しています。(≧ヘ≦)
 
何か見えたでしょうか・・・。
DSC02208
 
急遽実習に変更だったので服装がまばらな事をお詫びいたします。
結果は、便の中には寄生虫や寄生虫の卵はありませんでした。(^∇^)
もし寄生虫がいた場合は、駆除薬の使用方法も学べたのですが、いないに越したことはありません。
 
そして元気に子猫たちも帰っていきました。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2015/06/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-466%e3%80%8c%e5%8b%95%e7%89%a9%e5%af%84%e7%94%9f%e8%99%ab%e5%ad%a6%e3%81%ae%e5%ae%9f%e7%bf%92%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)