湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2015.1.23

わんにゃん通信No.426「魚に寄生する寄生虫」

3~4期にわたって学習してきた臨床検査学実習Ⅰも、最後の授業を迎えました。
最後の授業は、寄生虫を生魚から摘出し、観察しました。
 
まずは魚の頭を落として内臓を取り出します。
k20150120DSC01937
 
↓↓クリックお願いします

次に三枚におろして、筋肉や皮の間に寄生虫がいないかを観察します。
k20150120DSC01931
 
内臓に寄生しているものも多いので、内臓を取り出したら入念に調べます。
k20150120DSC01932
 
ある魚の内臓に、寄生虫がいたようです。寄生虫が寄生していた跡がわかりますか?
k20150120DSC01933
 
所々に二重丸のようになっているところがありますが、そこが寄生虫が寄生していた跡です。
 
この写真の中央には、まだ寄生している寄生虫が見えます。
k20150120DSC01936-2
 
今回授業に使用した魚は、授業終了後に鍋にしていただきました。
 
火を通せば寄生虫は死ぬので、よく火を通してから食べます。
k20150120DSC01938
 
食べ応え抜群のおいしい鍋ができました。
k20150120DSC01941
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2015/01/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-426%e3%80%8c%e9%ad%9a%e3%81%ab%e5%af%84%e7%94%9f%e3%81%99%e3%82%8b%e5%af%84%e7%94%9f%e8%99%ab%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)