カテゴリ「授業」の記事

悔やむ事なく

hiraiです♫

 

まだまだ残暑の厳しさを体感する今日この頃。

1,2年生は追再試験の真っ最中!

試験監督をしながらその姿を見ていると、”受験料” も ”費やす時間” もなんともったいないことかと。

 

採点すると、何故本試験でこういう結果を出してくれなかったのかと、私の方が悔やまれる。

 

残暑の青空を謳歌するのもあと少し。

9月17日~後期授業がスターします。

 

前期の結果をふまえ、悔やむ事なき後期をどうか有意義に過ごして下さい。

 

↓↓クリックお願いします

 


いよいよ後期

内田です。

 

令和になってあっという間に4ヶ月が過ぎ、今年も早9月に入りました。

 

3年生は臨地実習が終わり、国試対策、就職戦線も本格化して参ります。

1年生、2年生は今月半ばから後期授業が始まります。

一部生徒はその前に追再試験が在りますが・・・。

 

天候も不順で、暑さもまだまだ厳しく体調管理には気をつけて、後期に備えましょう。

3年生は国試、就職に関しては既におしりに火が付いた状態になっていると思いますが、2年生も出来るだけ早く準備を進めて下さい。

おそらく今は目の前の課題や試験のことで精一杯と言う感じだと思いますが、月日はあっという間に過ぎます。

 

毎日を大事に、頑張りましょう!

 

↓↓クリックお願いします

 


臨地実習最終日

Mです。

夏の暑さから少しずつ秋の涼しさに変わってきている感じがします。

 

1年生は今週から病院見学とのことで、月曜日に藤沢市民病院の引率としてW先生と行ってきました。

僕自身も藤沢市民病院の中をみるのは初めてで、設備が整っていた印象を受けました。

 

1年生は、病院見学を通じて、臨床検査技師が病院でどのように仕事をしているかがわかり、

ぼやっとしていた自分の将来像も鮮明になったと思います。

 

3年生は今日で、臨地実習が終わりですね。

あっという間だったでしょうか?

 

楽しく実習できた人も、苦労した人もきっと臨地実習に行く前といった後では変わってると思います。

臨地実習が終わり、本格的に国試に向けての勉強が始まります。

国試合格を目指して頑張っていきましょう!!

 

↓↓クリックお願いします

 


模擬試験の成績

Wです。

 

3年生の登校日(8/24)に実施された模擬試験(国試10科目・200問・5時間)の成績をチェックしました。

 

①10科目の平均正解率は上位(72%)と下位で2倍以上の開きがあった。

②出題した臨床化学は特に基礎生化学(am)の正解率が低かった。

③問題ごとに正解率と回答分布(1~5の選択肢に何人がマークしたか)を確認した(不得意分野や誤答の傾向を把握して問題演習に反映させるため)。

 

すでに過去5年分の国試問題演習は終えている時期なのに(学内の確認試験は2週間後の9/16ですよ)、結果が得られなかったヒトは今の勉強法を再確認しましょう。

 

●問題の答だけを理解なく憶えても得点に繋がりません。

→○正誤訂正や小まとめを覚えて、正しい知識を増やすこと。

 

●うろ覚えでは得点できません。

→○国試や模試の過去問は復習して自分の知識とすること。試験前には記憶する時間も必要です。

 

●どの科目も中途半端で結果が出せない。

→○今後は毎月模試があるので重点科目(最初は得意科目)を決めて先ずは単科目で正解率60%以上の結果を出すことを目指して。

これから始まる医療機関の採用試験でも国試レベルの専門試験は必須です。筆記試験に合格しないと面接試験に進めませんから。

 

↓↓クリックお願いします

 


本試験合否発表

Mです。

夏休みどう過ごしてますか?

 

僕は、休暇を利用して、沖縄に帰省しました。

友達や家族と過ごしとても息抜きになりました。

また、穏やかな海を眺めることができました。

 

さて、1,2年生は今日本試験の合否発表でした!

0だった人は、このまま夏休み、

追再試のある人は、総括授業や追再試験で夏休みどころじゃ無いと思います。

納得のいく結果だったでしょうか?

 

追再試験が複数ある人は、それをちゃんと拾えるようにがんばっていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 


夏休みに向けて

Mです。

 

梅雨が明けて、天気もよくなり、強い日差しにすこしやられそうです。

快晴続きなので、海とかにいきたくなりますね!

 

1,2年生はテストが先週から始まりました。

どうでしょうか、一年生にとっては初めての本試験、緊張や不安が

二年生にとっては、一年生の本試験の時と二年生になっての違いが感じられたと思います。

本試験最終日(8/2)まで気を抜かずにやりきりましょう!

 

追再試験ゼロで夏休みをゲットしてください!!

 

↓↓クリックお願いします

 


前期本試験・3日目

Wです。

 

暑い。

梅雨明けでしょう。

体が暑さに・日照に慣れていないので大変です。

勉強しないと、試験(~8/2)が終わらないと夏休みにならないし。

 

さて、本日3限目に担当科目・生化学の試験がありました。

単元ごとに小テストを5回実施(正誤訂正の課題提出や再試も)した中から類似問題を出題しました。

 

到達度の確認試験で決して実力試験ではありません。

それでも、理解不十分、うろ覚えでは合格出来ません。

 

試験を終えて手応えがなかったヒト、自己採点が出来ないヒトはほぼ間違いなく不合格・再試験(9/12)です。

 

再試験対策は

①本試験の出題ポイントを配付資料・小テストにチェックする(何人かで再現すること)。

②完全解答を作成する(再試受験者のみでは?・誤った模範解答に注意)

③理解して覚える(短期記憶のみ・うろ覚えは不可)

+小テスト1~5の復習をもう一度。

 

分からないことは質問に来て下さい。

 

↓↓クリックお願いします

 


前期授業最終日

高橋です。

 

早いもので、本日が1,2年生の前期授業最終日。

明日一日お休みをはさんで、1,2年生は明後日から8/2(金)まで前期本試験です。

 

1年生:18科目

2年生:14科目

 

改めて数えてみても科目数が多く感じます。

1年生は初めての定期試験で色々と不安が有るかとは思いますが、全力を出せることを祈ってます。

 

気温の変動が激しく体調を崩している学生さんも多くみられますので

くれぐれも徹夜して試験当日に寝坊などしないよう

体調管理に気をつけてくださいね。

 

楽しい夏休みを迎えられるよう

目指せ全科目合格!!

 

↓↓クリックお願いします

 


臨地実習先挨拶回り

Uです。

 

3年生の皆さん!

臨地実習も残すところ約1ヶ月となりました。

5月の連休明けから始まって、早いもので3ヶ月が過ぎようとしています。

 

先生方が担当している実習先へ、講義の合間を縫って挨拶回りをしています。

「とても楽しいです!」

「ちょっと辛いです!」

「頑張ってますよ!」

指導して頂いている技師さんに実習状況伺って、実習現場に回って声をかけると、皆さんから様々な返事が戻ってきます。

 

昨日は3カ所の実習先を回りました。

皆さんの頑張っている姿を確認するとホットします。

 

医療現場でしか学べない、医療従事者として心得ておかなければならない

「接遇」や「振る舞い」をしっかり身に付けて戻ってきて欲しいと思います。

 

9月に皆さんの成長ぶりを見られるのを楽しみにしています。

 

↓↓クリックお願いします

 


実習レポート

Wです。

 

臨床化学実習は前期(5回)、

①血糖の定量(GOD・POD法)/酵素的測定法(終点法と初速度法)

②蛋白質の定量 TP(Biuret法)・ALB(BCG法)・A/G
*検量線の作成法・2通り(①希釈系列/②サンプリング量+容量補正)

③蛋白分画/セ・ア膜電気泳動法(測定原理/電気泳動現象と電気浸透現象)

④臨床酵素ALP/酵素活性測定法(0次反応/Vmaxと〔E〕の関係/〔E〕の定量)

⑤臨床酵素LD/可逆的反応(L→P反応とP→L反応)
*モル吸光係数から計算(測定値Abs/min → 酵素濃度U/L へ)

などを行いました。

 

5項目とも評価A(100点)の学生もいればすべてC(60点)以下もいます。

再提出(測定結果やグラフの不備)の学生も。

同じ実習講義 →実習 →実習結果の説明 を受けているはずなのに。

それから添削しているのですから同じ誤りは勘弁して下さい。

 

提出物は相手に見せるものです。

・(丁寧でない・薄い・小さな)文字

・(行間・段落のない)意味のない長文

・紙面が汚い

などは印象が悪く、病院実習に出たら読んでもらえませんよ。

 

あと半年、後期5回の間に評価Aとなるように修正しましょう。

 

↓↓クリックお願いします