学びのステップ

応用生物科学科 動物看護コース
Veterinary Technician

基礎を徹底的に学び、専門的な実習を通じて、
さまざまな資格取得を目指します。

動物看護師は、獣医師をサポートする専門職として期待されています。
ひとの医療にかかわってきた本学の経験と実績、そのノウハウを動物看護コースにも最大限にいかします。

1年次

動物医療の基礎を学び、
動物とふれあう

医療について幅広い知識を得ながら、さまざまな動物とふれあい、その特性を学びます。

新入生ガイダンス

学習の進め方とともに社会常識や生命の尊さ、学ぶ姿勢について理解します。

医学的な基礎講座

1年次では、医療知識の基礎を徹底的に学び、生命に関わる者としての自覚を養います。

医学的な基礎講座

外部施設見学

学外実習の一環として、目黒寄生虫館の見学やトレーナーの方との交流、牧場での実習などを行います。

就職ガイダンス

動物病院や動物関連企業への訪問、キャリアコンサルタントと担当教員による個別相談など、早期から就職指導を行います。

2年次

就職につながる実習と
認定資格取得の対策

動物看護について、実践的な医療知識とスキルを学び、同時に資格取得・就職活動が本格化します。

多岐にわたる実習

2年次では、学校で飼育する犬を使った実習が数多く行われます。動物に対する臨床検査や外科、内科、歯科から栄養学まで幅広く学び、獣医師の指示に迅速かつ的確に対応できるプロを養成します。

多岐にわたる実習

資格取得準備

3月に行われる「動物看護師統一認定試験」に向け、全員を対象とした受験対策講座などを開催し、資格取得に向けた準備を進めます。

ポケットエコー

超音波画像診断装置(エコー)は通常は大型なものですが、次世代の聴診器とも言われるコンパクトな「ポケットエコー」が普及し始めており、将来的には動物医療の分野での活用も予想されます。本学では、そうした時代の先端をとらえた教育も導入しています。

ポケットエコー

認定資格取得

「動物看護師統一認定試験」にチャレンジし、全員が合格を目指します。

卒業後
認定資格をもって、動物看護師として活躍 認定動物看護師の資格を手に、希望就職先での活躍が始まります。
ページトップへ