第17回東日本学生救急救命技術選手権大会

お知らせ受験生の方へ在校生の方へ卒業生の方へ保護者の方へ企業・社会人の方へ
2022-11-08
去る11月6日(日)に、全国救急救命士教育施設協議会(JESA)主催による「第17回東日本学生救急救命技術選手権大会」が、国士舘大学多摩南野キャンパスを会場として開催されました。

学生救急救命技術選手権は、全国救急救命士教育施設協議会に加盟する会員校の学生が、その技術と知識を競い合うことにより、さらなる救急救命技能の向上に資することを目的に毎年1回開催されてきましたが、本学救急救命学科が総合優勝した2019年大会以来、コロナ禍により対面での開催は3年ぶりとなりました。

当日は、本学救急救命学科をはじめ、救急救命士養成課程を設置する東日本地域の専門学校4校、大学5校の計9校から選抜チームが出場、メディカルラリー方式で技術と知識を競い合いました。

本学救急救命学科は、競われた6ステージ中3つのステージで1位を獲得、大いに健闘しましたが、総合成績では惜しくも2位という結果になりました。

学生救急救命技術選手権は、東西南北の4ブロックに分かれて地区大会が開催されますが、各ブロック上位2チームずつが12月に京都橘大学で開催される全国大会に進みます。

地区大会の悔しさをバネに、全国大会での飛躍を期待しています。

 

第17回東日本学生救急救命技術選手権(2022年11月6日)


ページトップへ